スタッフ紹介

塗木 淳夫 Atsuo Nuruki
鹿児島大学 工学部 情報生体システム工学科 准教授 博士
鹿児島大学陸上競技部 監督
鹿児島ランニングラボ 代表
ランニング学会公認ランニング指導員

専門分野は生体計測、医用電子工学、運動生理学。
鹿児島ジュニア陸上クラブ発足時に携わった学生メンバーの一人であり、学生時代は短距離を専門としていた。
当クラブ創立者、丸山鹿児島大学名誉教授が新潟医療福祉大学に異動後、鹿児島大学陸上競技部を引き継ぎ、現在、監督として学生の指導にあたっている。

久保田 香織 Kaori Kubota
JAAF<日本陸連>公認ジュニアコーチ
(日本体育協会公認指導員)

2006年の学生時代よりコーチとして指導に当たっており、幼児から高校生まで幅広い指導経験を持つ。大学院卒業後も、当クラブにて全国レベルの小・中学生の選手も多く育成しており、その幅広い知識と経験を生かし、鹿児島陸協の合宿や陸上教室の跳躍講師等も行っている。
2016年8月、第32回全国小学生陸上競技交流大会(神奈川県日産スタジアム)において、少年少女陸上競技指導者表彰 
「安藤百福記念章」を受賞!



塗木 真由美 Mayumi Nuruki
JAAF<日本陸連>公認ジュニアコーチ 
(日本体育協会公認指導員)
2009年にコーチとして復帰。大学時代は2度の国体出場経験を持ち、2人を出産後マスターズの元日本記録(SM30:100m)を樹立。現在は4人の子供を育てつつ、コーチとして子供たちの指導にもあたっている。クラブの指導者の中で唯一の母親でもあり、母親としての視点からも幅広い指導を行っている。
2016年10月 JAAF<日本陸連>公認ジュニアコーチ (日本体育協会公認指導員)の資格を取得。




川路 龍世 Ryusei Kawaji
2014年3月に大学院を卒業。学生時代より当クラブにて選手の育成に携わっている。社会人となった現在でも現役として競技を続けつつ、中学生の指導も行っている(2016年九州実業団2位)。
短距離専門。
大学時代の100mベスト記録10秒54。



鹿児島大学工学部 公開講座 
「ジュニア陸上教室(小学生)」 学生コーチ
 鹿児島大学陸上競技部の学生・大学院生が指導にあたります。
  ➡鹿児島大学陸上競技部HP





トップページへ

Copyright Kagoshima Jr T&F Club All rights reserved

鹿児島ジュニア陸上クラブ